犬のおならが臭いのは病気が原因?

人間と同じように、犬もおならをします。音をたてないでおならをする犬もいるため、犬のおならに気づいていない人も多いでしょう。普段は犬のおならに遭遇しても、においは気にならなかったのに、急に犬のおならが臭いと感じたら、心配になってしまうでしょう。犬のおならは病気が原因なのでしょうか。それとも他に原因があるのでしょうか。
犬のおならが臭い原因としては、主に二つの原因に分けられます。一つ目が食べ物によるもの、二つ目が体調によるものです。食べ物が原因である場合には、普段与えているえさにたんぱく質が多く含まれ、野菜や炭水化物が少なくなっている場合に、おならが臭くなる傾向にあります。犬の体に合わないえさは消化不良にもつながり、ガスが発生することで、おならの回数も増えるのです。
体調に原因がある場合には、ストレスを感じていることが考えられます。犬はストレスを感じると胃腸の調子が悪くなる傾向にあります。腸の動きが弱まってしまったり、胃酸の分泌が悪くなることで、発生した細菌を排出できなくなり、おならが臭くなるのです。
それでは犬のおならが臭い時には、どのような対策をとればよいのでしょうか。まずは食事内容を見直すようにしましょう。犬とえさの相性を考えたり、栄養バランスが偏っていないかをチェックしましょう。消化不良を起こしている可能性もあるので、善玉菌を体内に取り入れることも効果的です。善玉菌を体内に取り入れるためには、ペット用として販売されているヨーグルトなどを食べさせてみると良いでしょう。また普段から牛乳を飲んでいる犬は、牛乳を飲み過ぎておなかをこわしている可能性もあります。下痢をしている様子が見られたら、牛乳の量や与える回数を見直すようにしましょう。
食事を見直したり体調に気をつけても、おならがまだ臭いという場合には、病気によるものである可能性もあるので、かかりつけの獣医に相談するようにしましょう。おならが臭くなる病気としては、慢性胃炎、直腸がん、炎症性の腸疾患などがあげられます。これらは胃や腸の環境が悪いことで引き起こされます。獣医に相談してみてもらうようにしましょう。病気である場合には、下痢や嘔吐が伴っている場合が多く見られます。また、子犬に限って言えることですが、おならが臭い原因として回虫症に感染している可能性もあります。小犬にとっては体力の消耗につながり、命にもかかわる病気であるため注意が必要です。このサイト(http://www.xn--vck8crc144pkintl8bmwj.jp/)で詳しく解説されています。